2018年10月1日月曜日

「マンドリン室内楽の午後」が無事終演

遅くなりましたが、昨日、二重奏と四重奏の演奏会「マンドリン室内楽の午後」が無事終演しました。台風のことが気になって開催も危ぶまれましたが、思いの外天気も持ち、なんと打ち上げしてから帰ることができるほどでした。

この悪天候にもかかわらず、たくさんの(?)お客様にいらしていただき、感謝感激です。ありがとうございました。
出演者と、お手伝いの皆様、本当にありがとうございました。

自分の演奏を振り返ると残念な点も多々あるのですが(録音を聴くのが恐ろしい)、でも、今思い返すと楽しかったな、というのが本音です。

二重奏は、練習回数が少なく、新曲も多かったので、本番ではとにかくそつなく弾けるようにとかなりの緊張感でした。まだ指がうまく回らないようなところもあり、ドキドキでしたが、それほど大きなトラブルがなくできたような気がします。発表会と、先週の「ミドルエイジ」と2回舞台を踏んだ曲は、その経験が活かせたと思っています。

四重奏の方は………会場がよく響くので、4人だけにもかかわらず、厚み、迫力のある音が出せ、また、2曲とも長く練習してきた曲だけに良い雰囲気で弾けて、本当に気持ちよく弾けました。KV80は直前まで弾けなかった難所がなんとかクリアできたものの、所々、単純なミスをしたのは少々残念でした。

そして何と言っても一応今回で一区切りになるKV575。もう1年半くらい練習してきたもので、とても大好きになった曲なのですが、なんと、出だしでありえないミスをおかし、一瞬止めようか、と思ったのですが、そのまま進めてしまいました。これが心残りです。でも途中から本当に幸せを感じながら演奏できました。

私は今までもそう思ってきましたが、改めて思いました。
このような、原曲の素晴らしい、質の高い曲を演奏すると、たとえマンドリン属で弾くことと、技術的に足りない者が弾くことで演奏の質が落ちたとしても、それでも原曲の質の高さが、それを補って余りある、と。
ですから、これからも、モーツァルト(に限らず、他の作曲家も含めて)の名作を取り上げて演奏して(学んで)いきたいと思います。

改めて、ご来場の皆様、共演者の皆様、会場で手伝ってくれた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

2018年9月24日月曜日

まもなく、マンドリン室内楽の午後!!

本番まで一週間を切りました。と言うか、追い込みで練習せねば。
今回、私は、二重奏と四重奏で、出ずっぱりです。気力がもつか‥‥・。
お時間のある方、ぜひ応援に来てください。
入場無料です!!!!

9月30日(日)14:00開演(13:30開場)
現代ギター社GGサロン(地下鉄有楽町線要町駅より徒歩5分)
入場無料

出演:久松祥三 横内正代
   モーツァルト・プレクトラム四重奏団

演奏予定曲:
Gervasio 二重奏曲第1番ハ長調 Op.5より
Barbella 二重奏曲第5番ト長調より
Amadei Scherzo Minuscolo
Calace Duetto IV(Op.96-4)

Mozart 弦楽四重奏曲第1番ト長調KV80
Mozart 弦楽四重奏曲第21番ニ長調KV575

ほか

2018年7月23日月曜日

栃女の指導に行ってきました

今日は栃女の指導でした。いやぁ〜〜予想はしていましたが、暑かった…。そりゃ東京も暑かったでしょうけど、栃木は……とにかく日陰がない。高いビルがほとんどないので、ちょうど昼時に駅から学校に向かうと、その歩く20数分間ずっと日なたなのです。個人の住宅だと敷地が広いので、建物は道から引っ込んでいるから、道には影ができない……。
当然ながら歩くには日傘です。ないと命が危ないです。
と思ったら、女性も含めて日傘の人が少ない。暑さに慣れているのか‥‥。

駅から学校までバスがあれば良いのだけど、よくわからないので使ったことがないです(もう20年も通っているのに)。
タクシーに乗るか迷いましたが、楽器も持っていないので……日傘で歩きました。

今日は面談もあるとかで、いつもの練習室が使えない、ということで、練習場所を心配しましたが、顧問の先生が確保してくれて、応接室(なんと、校長室の隣)での練習となりました。おかげで冷房の中での練習でした。

肝心の演奏ですが、9月1日の学校祭(栃女祭=文化祭)で演奏予定の5曲のうち、2曲はまあまあ弾けていて、あと2曲もなんとか……(2年生は)。そしてあと1曲はまだほどんどダメでした。夏休みに頑張っていただきましょう。

次はいつかは決まっていませんが、当然ながら夏休みにあと1回は行くでしょう。でないと仕上がらない。

9月1日の学校祭のほかに、9月5日(水)に県の総合文化祭があり、そちらで2曲演奏(私が指揮)の予定なので、できれば8月中に2回行きたい……がどうなるか。
と言って、行くのはすご〜〜く大変だけど。

2018年7月10日火曜日

アマデイマンドリンアンサンブル&コール・ガブリエル ペルゴレージ作曲スターバトマーテル演奏会

2018年11月24日(土)13:30開演(13:00開場)
日本聖公会 練馬聖ガブリエル教会
入場無料

指揮:久松祥三
合唱:コール・ガブリエル
器楽:アマデイマンドリンアンサンブル
第1部
アマデイ:プレクトラム
エルガー:エレジー
モーツァルト:教会ソナタKV241
ラヴェル:古風なメヌエット
レスピーギ:リュートのための古い舞曲とアリア第3組曲
第2部
ペルゴレージ:スターバトマーテル(混声合唱編曲版)

お問い合わせはこちらから

2018年7月9日月曜日

フィレンツェの思い出、編曲完了

早稲田大学マンドリン楽部がこの夏のサマーコンサートで演奏するメイン曲「フィンレンツェの思い出」の第4楽章の編曲が終わりました。第1楽章も大変でしたが、第4楽章も大変でした。

もともと弦楽6重奏の曲。弦楽オーケストラで演奏されることも多い作品。それだけならマンドリン合奏で演奏するというのも容易に想像がつきそうですが、難易度はかなり高めの上、ヴィオラ2パートとチェロ2パートはかなり高い音域も使われる。マンドリンアンサンブルではチェロが少ないので、チェロ2はコントラバスに当てると音域や運指が難しい。そして今回の最大の難しさは、「管楽器を入れる」でした。

当然ながら、他に参考にする演奏がありません。頭の中で想像するしかないのです。(コンピュータの再生音は大いに役に立ちましたが。)

そんなわけで、試行錯誤しながら作りました。
管楽器を入れたことがより効果的になっていれば良いのですが。

これから練習を重ねて仕上がっていくのが楽しみであり、またちょっと不安でもあります。でも、先日第1、2楽章の練習を聞いて、きっと良いものになるだろうと期待が持てました。

昨日学生に送りました。いやぁ疲れました……。でもこれからまだまだ編曲、楽譜作成の仕事は続きます。何はともあれ大物が終わってホッとしました。

2018年6月14日木曜日

グイド・ダレッツォ「ミクロログス(音楽小論)全訳と解説」

昨年から、今年の4月ごろまでかかった、研究書の譜例、図版作成のお仕事。その成果物が出版されました。
グイド・ダレッツォ著、中世ルネサンス音楽史研究会訳「ミクロログス(音楽小論)全訳と解説」です。
大変だったけど、こうやって本になると嬉しいですね。専門書なんで、読んでいただける方は少ないかもしれませんが、本屋さんか図書館で見かけたら手にとって見てください。中の図や楽譜の一部を私が作成しています(どれを作ったか本を見てもわかりません。名前も載っていませんので、「証拠」はありません。)

ちなみに、その前に4月ごろ出来上がっていたのは、すでにご紹介はしてありますが、「伝統と創造」Vol.7(東京音楽大学付属民族音楽研究所研究紀要」こちらは一人の先生の譜例(現代譜)ほぼ全部の作成を担当しました。


2018年6月13日水曜日

久松マンドリン教室発表会

久松マンドリン教室発表会
2018年6月24日(日)12時開演
すみだ生涯学習センター ユートリヤ 4階ドーム
(東武京成 曳舟駅より徒歩5分)
地図
http://www.gregorio.jp/amadei/yutoriyamap.html

出演者総勢40名による熱演(?)です。応援に来ていただけると嬉しいです。